著書

藤本 和則, 本村 陽一, 松下 光範, 庄司 裕子:
知の科学シリーズ 意思決定支援とネットビジネス,
オーム社, (2005).

 

国外投稿論文

Matsushita, M., Maeda, E. and Kato, T. :
Interactive visualization method of numerical data based on natural language requirements,
International Jornal of Human-Computer Studies, Vol 60, No. 4, pp 469-488 (2004).
Kato, T. and Matsushita, M. :
Handling Multimodal Dialogues for Exploratory Data Analysis Using Charts,
Systems and Computers in Japan, Vol. 36, Issue 8, pp. 59-70 (2005).
Kekehi, Y., Iida, M., Naemura, T., Shirai, Y., Matsushita, M. and Ohguro, T.:
Lumisight Table: An Interactive View-Dependent Display-Table for Mutiple Users,
IEEE Computer Graphics & Applications, Vol. 25, No. 1, pp. 48-53 (2005).

 

国際会議

Matsushita, M., Umano, M., Hatono, I. and Tamura, H.:
A Fast Pattern-Matching Algorithm Using Matching Candidates for Production Systems,
PRICAI'96 (Cairns, Australia), pp. 646-656 (1996).
Matsushita, M., Ohta, M. and Iida, T.:
A Visualization Method of Time Expressions Using Starting/Ending Point Plane,
TIME-98 (Florida, USA), pp. 162-168 (1998).
Matsushita, M. and Kato, T.
An Analysis Regarding the Use of Time Expressions to Understand Intention,
NLPRS-99 (Beijing, China), pp. 233-238 (1999).
Matsushita, M., Yonezawa, H. and Kato, T.:
A Frame Representation of User Requirements for Automated Data Visualization,
ECAI-2000 (Berlin,Germany), pp. 631-635 (2000)
Yonezawa, H., Matsushita, M. and Kato, T.:
Criteria to Choose Appropriate Graph-types,
PRICAI 2000 (Melbourne ,Australia), p 823 (2000)
Sato, H. and Matsushita, M.:
Generating Appropriate Utterances from Multiple Information Sources -- Handling Uncertainty and Inconsistency --,
Cz-Jp2000 (Osaka, Japan) pp. 148-153 (2000).
Matsushita, M. and Kato, T.:
Interactive Visualisation Method for Exploratory Data Analysis,
IV2001 (London, UK), pp. 671-676 (2001).
Kato, T., Matsushita, M. and Maeda, E.:
Answering it with charts --- Dialogue in natural language and charts ---,
COLING2002(Taipei, Taiwan), pp. 418-424 (2002).
Kakehi, Y., Iida, M., Naemura, T., Shirai, Y., Matsushita, M. and Ohguro, T.:
Lumisight Table: Interactive View-Dependent Display-Table Surrounded by Mutiple Users,
SIGGRAPH2004 Emerging Technologies (LosAngeles, USA), (2004).
Matsushita, M., Nakakoji, K., Yamamoto, Y. and Kato, T.:
InTREND: an Interactive Tool for Reflective Data Exploration through Natural Discourse,
KES2004(Wellington, NewZealand), Vol.2, pp. 148-155 (2004).
Matsushita, M., Iida, M., Ohguro, T., Shirai, Y., Kakehi, Y. and Naemura, T.:
Lumisight Table: A Face-to-face Collaboration Support System That Optimizes Direction of Projected Information to Each Stakeholder,
CSCW2004(Chicago, USA), pp. 274-283 (2004).
Yoshino, T., Matsushita, M., Okadome, T. and Munemori, J.:
Multilingual Face-to-face Idea Generation Support System on Lumisight Table,
CollabTech2005(Tokyo, Japan), pp. 74-78 (2005).
Yoshino, T., Shigenobu, T., Matsushita, M., Okadome, T. and Munemori, J.:
Development of Multilingual Face-to-face Creativity Support System on Lumisight Table,
MCSS2005(Beijing, China), pp. 35-36 (2005).
Matsushita, M. and Shirai, Y.
Supporting Exploration and Reflection in Exploratory Data Analysis,
CDWS2005(Bonn, Germany), pp. 3-8 (2005).
Matsushita, M.:
Supporting Exploratory Data Analysis by Preserving Contexts,
KES2005(Melbourne, Australia), pp. 3-8 (2005).
Kato, T., Matsushita, M. and Kando, Y.:
MuST: A Workshop on Multimodal Summarization for Trend Information,
NTCIR2005(Tokyo, Japan), pp. 556-563 (2005).
Matsuda, M., Matsushita, M., Yamada, T. and Naemura, T.:
Behavioral Analysis of Asymmetric Information Sharing on Lumisight Table,
Tabletop2006(Adelaide, Australia), pp. 113-119 (2006).
Yoshino, T. Matsushita, M. and Munemori, J.:
Proposal of Multi-layer Structure for Multilingual Display on Lumisight Table,
Tabletop2006(Adelaide, Australia), pp. 127-128 (2006).
Kakehi, Y., Hosomi, T., Iida, M., Naemura, T. and Matsushita, M.:
Transparent Tabletop Interface for Multiple Users on Lumisight Table,
Tabletop2006(Adelaide, Australia), pp. 141-148 (2006).
Kakehi, Y., Iida, M., Naemura, T., Matsushita, M.:
Tablescape Plus: Upstanding Tiny Displays on Tabletop Display,
SIGGRAPH2006 Emerging Technologies (Boston, USA), (2006).
Kakehi, Y., Iida, M., Naemura, T., Matsushita, M.:
Tablescape Plus: Upstanding Tiny Displays on Tabletop Display,
SIGGRAPH2006 Sketch (Boston, USA), (2006).
Matsushita, M.:
Toward unobstructed collaboration: An Overview of Table-based Collaboration Support Systems,
SCIS/ISIS2006 (Tokyo, Japan),pp. 1923-1927 (2006). invited talk

 

国内投稿論文

松下 光範, 馬野 元秀, 鳩野 逸生, 田村 坦之
プロダクション・システムにおけるマッチング候補の概念を用いた 高速パターンマッチングアルゴリズム
情報処理学会論文誌, Vol. 37, No. 6, pp. 987-997 (1996).
松下 光範, 米澤 勇人, 加藤 恒昭
表題に基づく統計データの自動可視化手法
情報処理学会論文誌, Vol. 43, No. 1, pp. 87-100 (2002).
松下 光範, 佐藤 浩史, 加藤 恒昭
言語表現による情報提供のための情報統合,
日本ファジィ学会誌, Vol. 14, No. 5, pp.461-471 (2002).
加藤 恒昭, 松下 光範:
探索的データ分析のためのマルチモーダル対話処理,
電子情報通信学会論文誌 D-II, Vol. J87-D-II, No. 5, pp. 1142-1152 (2004).
佐藤 浩史, 松下 光範:
時間表現に基づく意図理解への基礎検討,
知能と情報, Vol. 16, No. 4, pp. 361-371 (2004).
松下 光範, 飯田 誠, 白井 良成, 大黒 毅, 筧 康明, 苗村 健:
天地問題を解消した対面協調作業支援システム,
情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 7, pp. 1603-1617 (2005).
白井 良成, 松下 光範, 中小路 久美代:
不可視情報を利用した実環境における段階的情報提示手法の提案,
情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 7, pp. 1618-1636 (2005).
松下 光範, 加藤 恒昭:
コンテキスト保持による探索的データ分析支援の枠組,
知能と情報, Vol. 18, No. 2, pp. 251-264 (2006).
松下 光範, 加藤 恒昭:
数値情報の補填とグラフ概形の示唆による複数文書からの統計グラフ生成,
知能と情報, Vol. 18, No. 5, pp. 721-734 (2006).
筧 康明, 飯田 誠, 苗村 健, 松下 光範:
Tablescape Plus: インタラクティブな卓上映像シアター
日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 11, No. 3, pp. 377-385 (2006).
松田 昌史, 松下 光範, 苗村 健:
社会的分散認知環境における集団課題達成の促進要因:集団成員間の親密さの影響,
電子情報通信学会論文誌 D, (印刷中).

 

解説記事

松下 光範:
用語解説「情報粒度」,
日本ファジィ学会誌, Vol.10, No.2, p261 (1998).
土方 嘉徳, 井口 誠, 藤本 和則, 松下 光範:
インターネット上の生情報から利用可能な知識へ,
知能と情報, pp. 489-497 (2003).
松下 光範, 高間 康史:
ネット上の情報を可視化する技術,
知能と情報, Vol. 15, No. 5, pp. 506--514 (2003).
庄司 裕子, 森 幹彦, 松下 光範:
曖昧な思考を精緻化するためのインタラクションデザイン --- 揺らぐ情報要求に基づいてネット上の情報を取り扱うために ---,
知能と情報, Vol. 15, No. 5, pp. 515--524 (2003).
加藤 恒昭, 松下 光範, 神門 典子:
動向情報の要約と可視化 --- その研究課題とワークショップ ---
知能と情報, Vol. 17, No. 4, pp. 424--431 (2005).
松下 光範, 櫻井 茂明, 村田 忠彦, 高間 康史:
インテリジェント Web インタラクションにおけるファジィ処理の役割
知能と情報, Vol. 18, No. 2, pp. 119--128 (2006).
土方 嘉徳, 松下 光範:
Web におけるヒューマンインタラクション技術,
人工知能学会誌, Vol. 21, No. 4, pp. 394--402 (2006).
加藤 恒昭, 松下 光範, 神門 典子:
動向情報の要約と可視化 --- 言葉と図で情報をまとめる ---,
情報処理, Vol. 47, No. 9, pp. 1013--1020 (2006).

 

国内会議 (査読付き)

松下 光範, 中小路 久美代, 山本 恭裕, 加藤 恒昭:
探索的データ分析における``自然なやりとり''の実現に向けて --インタラクティブ可視化システム InTREND--,
インタラクション 2003, pp. 99--106 (2003).
白井 良成, 松下 光範:
IR プロジェクタを用いた実環境への情報提示手法の提案,
情報技術レターズ (FIT2003), pp. 287-289 (2003).
筧 康明, 飯田 誠, 苗村 健, 白井 良成, 松下 光範, 大黒 毅:
Lumisight Table: 天地問題を解消した対面協調支援システム,
WISS2003, pp. 109-114 (2003).
白井 良成, 松下 光範, 大黒 毅:
秘映プロジェクタ: 不可視情報による実環境の拡張,
WISS2003, pp. 115-122 (2003).
筧 康明, 飯田 誠, 苗村 健, 松下光範:
Lumisight Table における卓上オブジェクトへの情報提示の基礎検討,
インタラクション 2005 インタラクティブ発表, pp. 225--226 (2005).

 

戻る