イベント / 十期生 / 教員 / 研究活動

Posted on 2019-09-26
Taiwan Japan Joint Workshop on Comic Computingに参加しました


こんにちは,D2の安尾 萌です.
9/17-9/20にかけて,台湾の国立曁南国際大学,および私立南開科技大学で行われたTaiwan Japan Joint Workshop on Comic Computingに松下研究室の学生が参加しました.
 

 
 
 
 
 
 

概要

このワークショップは,関西大学と台湾国立曁南国際大学のMOUを中心として,関連する研究室同士が国際的研究協力の礎を築くことを目的として開催されました.
ワークショップの詳細はこちらです.

Keynote Speechとして,指導教員の松下がコミックを計算機で処理することを目的とした研究の動向について講演を行ったほか,立命館大学の山西良典先生に,コミックを文化理解に活用することについて講演いただきました.
明治大学の中村聡史先生には,使いにくいインタフェースの事例から,人間の認知特性を考慮したデザインの必要性について講演いただきました.

撮影:台湾国立曁南国際大学の曾様

ワークショップでは,弊研究室の学生が各々の研究についてのプレゼンを行ったあと,関連する研究について英語でのディスカッションを行いました.
中には英語が苦手な学生や,学外での研究交流自体が初めての学生もいましたが,積極的にコミュニケーションをとって交流していました.

 
 

ワークショップの開催にあたりまして,曁南国際大学の陳履恒先生,陳百薫先生,同大学国際部の
孫同文先生,曁南国際大学様,南開科技大学様に多大なご支援とご尽力をいただきました.
記してお礼を申し上げます.

学生の感想

B4 樋口友梨穂さん
初の英語発表で戸惑うことも多く、海外という慣れない環境の中、大きなトラブルは無く発表を終えられて一安心しています。
台湾の学生と拙いながらに互いに英語で会話をし、研究や日本とは異なる街並み、食文化などについて話したことは貴重な経験となりました。また、日本語を話す事ができる学生も複数におり,台湾との距離の近さを感じるワークショップでした。

M2 鈴木雄登さん
今回が私にとって初めての大規模な国際交流でしたが,とても楽しく有意義な旅になりました.
研究発表をはじめとした異文化コミュニケーションでは深い議論を交わすことができ,とても貴重な経験になりました.
意外なことに,英語よりも日本語が得意な学生が多かったです.
特に日本のアニメやゲームにはとても詳しく,ポケモンやキングダムハーツで盛り上がることができました.
また,振舞っていただいた食事は本当に美味しく,台湾を満喫することができました.


(文責:D2 安尾 萌)
 

Posted in イベント, 十期生, 教員, 研究活動 | Comments Closed

Related Posts