八期生 / 研究活動

Posted on 2018-11-30
人工知能学会合同研究会2018で発表してきました


20181122~20181123日に慶応義塾大学 矢上キャンパスで開催された人工知能学会合同研究会2018に参加してきました.合同研究会のインタラクティブ情報アクセスと可視化マイニングのセッションにて岩崎が登壇・発表いたしました.

タイトル:予想材料に基づく為替動向情報の分析を目的としたニュース記事分類手法

概要:本研究の目的は,為替動向に対する自らの判断についての振り返りを支援することである.為替の動向は経済や政治に関する出来事から予測できる.これは経験による判断が大きく,自らの分析の妥当性を検証することで精度の向上を可能にする.しかし,為替変動の要因は多様なため,経済や政治に関する出来事から予測した為替動向判断の妥当性の検証が難しい.そこで本稿ではニュース記事と為替の関連性把握のために,ニュース記事を投資家の分析指標に基づいて分類する方法を提案する.

これまでに国内・海外にて研究発表してきましたが,全て共著者としての発表でした.そのため今回が初の主著研究ということもあり,自身の研究を発表することの楽しさと難しさを知りました.

次回からはより自身の研究を知ってもらえるようなプレゼンをしたいと思います.

(文責:岩崎)

Posted in 八期生, 研究活動 | Comments Closed

Related Posts