七期生 / 八期生 / 未分類 / 研究活動

Posted on 2018-09-16
EC2018 で発表しました


M2の赤星です.2018年9月13-15日に電気通信大学(東京・調布)で開催された,エンタテインメントコンピューティング2018にて,M2の赤星,M1の中西が下記の研究を発表しました.

Afterglow Projection: 複合現実感におけるピコプロジェクタを用いた実環境に残存する仮想情報投影手法
赤星 俊平(関西大学大学院),松下 光範(関西大学)

二層構造の粉体を用いた情報提示システム 
中西 聖(関西大学大学院),赤星 俊平(関西大学大学院),松下 光範(関西大学)

今回は登壇とデモを両方行った赤星のものを紹介いたします.
中西のものはMakerFaireやFIT2018の記事でご覧になれます.

複合現実感(Mixed Reality; MR)という技術は通常,HMDやタブレットなどのデバイスを必要とし,装着の手間や,情報の共有ができないことが問題になります.本研究ではプロジェクタを用いることで,情報を直接的に視認すること,他者と共有して扱うことを可能にします.その操作デバイスとして,前研究に引き続いてピコプロジェクタを用いています.
例えば,僕らが住まう家や研究室,駅などの共有空間で,好きな映像を投影してデジタルサイネージを出現させたりプロジェクション・マッピングができるような応用を考えています.

今年は登壇発表を行いました.(松下先生の写真がイマイチだったので明大の宮下先生から拝借いたしました…笑)内容を魅せること,聴衆の気になるところを解消していくことを意識して発表しました.ロング発表に値する内容が作れるのか不安でしたが,好評をいただくことができ,内容に厚みも出せて良い結果になったかなと思っています.

デモ展示も行いました.去年のリベンジを,考えていたにも関わらず当日の無線の調子が悪く展示が上手くいかず…,再び反省点の多い展示となってしまいました.今回に至っては相手の聞きたいことを考え伝えた結果,色々と手痛い指摘をいただきました.修論の指針や改善点が多く見え,得られるものは多い展示であったと思います.

また,去年同様,面白い発表がたくさんありました.
相変わらず,みんな楽しそう!という空気が伝わってくるのが素晴らしいです.
そして二日目の夜には懇親会があり…,,なんと,仮面女子が来ました.なんでやねん.
大ファンかつなんなら前日にプライベートでライブに行く予定だった中西は感極まっていました笑

神奈川工科大の小坂先生とも久しぶりにご飯に行けて,研究の相談もさせていただきました.
小坂先生は今年のECを一手に取りまとめていただいておりました.本当にお疲れ様でした!

これまで初めての研究会からお世話になり続けたECですが,少なくともシンポジウムは最後になります.
悔いの残る結果となりましたが,本当に楽しい学会なので,また何かしら,聴講とかでも来たいなあ…と思います.

(文責:M2赤星)

Posted in 七期生, 八期生, 未分類, 研究活動 | Comments Closed

Related Posts