五期生 / 研究活動

Posted on 2016-07-26
第13回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会で発表しました

[`evernote` not found]

2016年7月9日(土)に東京大学で開催された第13回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会で修士2年の内藤峻が下記の研究を発表しました。

時系列データの探索的分析を支援する可視化システム:記事と時系列データのアラインメント方式の提案
内藤 峻,古田 遼樹,松下 光範

発表では質疑応答が上手く行うことができず、自分の未熟さを痛感しました。この経験を励みにより一層、研究に取り組みたいと思います。たくさんのご意見をいただき、ありがとうございました。

(文責:M2 内藤)

13th_SIG-AM_Naito

Posted in 五期生, 研究活動 | Comments Closed

Related Posts