制作したシステム

赤外光を用いた影のメディアアートシリーズ

赤外光源と偏光板を利用した不可視影による情報秘匿手法の提案(2013年度卒・東納ひかり)

Restive Shadow

Layered Shadow

shadow++:物体の動きに着目した人工影生成システムの提案(2011年度卒・阪口紗季)

shadow+:形状認識を用いた動的な影の生成システム(2010年度卒・伏尾祐貴)

実世界指向インタフェース

機能の付与・変更が可能な衣服型入力装置と布製タッチスイッチの提案(2014年度卒・阿部誠)

非発光ディスプレイ

起毛による色の濃淡変化を利用した毛状ディスプレイの提案(2013年度卒・堀下小春)

水の蒸発速度の違いを利用した情報提示システムの提案(2012年度卒・園田知美)

硬軟感に着目した毛状インタフェースの基礎検討(2010年度卒・菰池裕美)

Fabbits(学生による自主活動)

Haconiwa: 初学者が電子回路を楽しく学ぶための仕掛け