論文誌・学会発表

※ 研究室発足 (2009/4) 以降の論文について記載しています

原著論文

ソーシャルデータを用いたコミックからの感性的ハイライトの抽出 [download],
山西良典, 杉原健一郎, 井上林太郎, 松下光範
日本感性工学会論文誌 Vol.14, No.1, pp. 155-162(2015年2月).

日本語学習者を対象としたオノマトペ学習のためのディジタル絵本システム [download],
前田安里紗, 上間大生, 白水菜々重, 松下光範
人工知能学会論文誌 Vol.30, No.1, pp. 204-215(2015年1月).

馴致環境に対する視点の異化を促すワークショップのデザインと評価 [download]
白水菜々重, 松下光範, 花村周寛
電子情報通信学会論文誌 D Vol.J97-D, No.1, pp.3-16 (2014/1).

Twitter と USTREAM を活用するイベントコミュニティを対象としたインタラクション分析 [download]
白水菜々重, 松下光範
情報処理学会論文誌 Vol. 54, No. 9, pp. 2276-2287 (2013/9).

PHOTMOSPHERE: A System for Amplifying Connection between Memory and Record[download]
Kazuhiro Tanaka, Mitsunori Matsushita
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 17, No. 4, pp. 581-587 (2013/7).

Dynamic Shadow Generation System based on Shape Recognition [download]
Yuki Fushio, and Mitsunori Matsushita
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.16, No.2, pp. 212-218 (2012/3).

Total Environment for Text Data Mining: テキストデータマイニングのための統合環境 [pdf]
砂山渡, 高間康史, Danushka Bollegala, 西原陽子, 徳永秀和, 串間宗夫, 松下光範
人工知能学会論文誌, Vol.26, No.4, pp. 483-493 (2011/6).

時系列情報の値と変化に関する言語表現コーパスの構築 ―動向情報の情報編纂に向けて― [pdf]
加藤恒昭, 松下光範, 神門典子
人工知能学会論文誌, Vol.25, No.5, pp. 637-650 (2010/9).

対面協調作業における非言語モダリティの影響 [download]
松下光範, 松田昌史
日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.15, No.2, pp. 111-120 (2010/6).

情報編纂研究促進のための試み [pdf]
松下光範, 加藤恒昭
人工知能学会論文誌, Vol.24, No.2, pp. 272-283 (2009/2).

国際会議

Exploratory Searches for sound effects: Verification of similarity based on the acoustic features of sound effects
Kahori Okamoto and Ryosuke Yamanishi and Mitsunori Matsushita
Proc. 4th Asian Conference on Information Systems, MS1-3 (2015/10).

Constructing Knowledge Using Exploratory Text Mining
Naoya Otsuka, Mitsunori Matsushita
Proc. The 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, and The 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, pp. 1392-1397 (2014/12).

Slanting Shadow: Changing Invisible Shadow Shapes by Rotation for Expanding Shadowgraph Experience
Saki Sakaguchi, Hikari Tono, Yuki Shimonaka, Mitsunori Matsushita
Proc. ACM SIGGRAPH ASIA2014 Emerging Technologies, Article No. 12 (2014/12).

Content Discrimination of Comics Based on Users’ Reviews
Ryo Yamashita, Mitsunori Matsushita
Proc. 3rd Asian Conference on Information Systems, pp. 79-85 (2014/12).

A Nonluminous Display using Fur to Represent Different Shades of Color
Koharu Horishita, Shuhei Tsutsumi, Saki Sakaguchi, Mitsunori Matsushita,
Proc. ACM SIGGRAPH 2014 Posters, Article No.42 (2014/8).

Basic study on Creation of Invisible Shadows by Using Infrared Lights and Polarizers
Hikari Tono, Saki Sakaguchi, Mitsunori Matsushita
Proc. ACM SIGGRAPH 2014 Posters, Article No. 27 (2014/8).

A System for Retrieving Time-Series Data Based on Linguistic Expression
Naoya Otsuka, Daiki Hasui, Mitsunori Matsushita
Proc. The 2013 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, pp. 252-256 (2013/12).

Computer-Mediated Reflection: an Analysis of the Mechanisms Underlying an Effective Rewriting Process
Mitsunori Matsushita, Nanae Shirozu
Proc. The 2013 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, pp. 288-293 (2013/12).

Magrid Surface: An interactive display that varies the information by an attached magnetic object[download]
Yasushi Hamamura, Takuma Tanaka, Mitsunori Matsushita
Proc. 2013 International Conference on Signal-Image Technology and Internet-Based Systems, pp. 795-799 (2013/12).

Restive shadow: animating invisible shadows for expanding shadowgraph experience [download]
Saki Sakaguchi, Takuma Tanaka,Hikari Tono, Mitsunori Matsushita
Proc. SIGGRAPH ASIA2013 Emerging Technologies, Article 16 (2013/11).

A Basic Study of Hot-and-cold Blower for Realizing Onomatopoeias[pdf]
Yasushi Hamamura,Mitsunori Matsushita
Proc. ACIS2013, pp. 625-630  (2013/11).

Constructing a Knowledge Base of Onomatopoeia-Action Relations for an Interactive Illustrated Storybook[pdf]
Hiroki Uema,Daiki Hasui, Mitsunori Matsushita
Proc. ACIS2013, pp. 635-640  (2013/11).

A Nonluminous Display that Controls the Evaporation Velocity [download]
Tomomi Sonoda, Mitsunori Matsushita
Proc. ACM SIGGRAPH2013, poster, Article No. 4  (2013/7).

Graphical Interface that Supports Users’ Trial-and-Error Process of Text Mining [pdf]
Naoya Otsuka,Mitsunori Matsushita
JSAI2013 International Organized Session: Special Session on Intelligent Data Analysis and Applications, 1A3-IOS-3a-2 (2013/6).

Layered Shadow: Multiplexing Invisible Shadow Using Infrared Lights with Different Wavelengths [download]
Saki Sakaguchi, Takuma Tanaka, Mitsunori Matsushita
Proc. 2013 Virtual Reality International Conference, Article No. 13  (2013/3).

Paradise Scope: A Workshop for Stimulating a Student’s Viewpoint –A Trial Practice of Shikakeology– [download]
Nanae Shirozu, Saki Sakaguchi, Mitsunori Matsushita, Chikahiro Hanamura
Proc. The 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, and The 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, pp. 691-694 (2012/11).

Relationship Between Emotional Words and Emoticons in Tweets [download]
Kaito Soranaka, Mitsunori Matsushita
Proc. The 2012 Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence,
pp. 262-265 (2012/11).

Shadow++: A System for Generating Artificial Shadows Based on Object Movement [download]
Saki Sakaguchi, Takuma Tanaka, Ryo Shinoki, Mitsunori Matsushita
Proc. ACM SIGGRAPH2012, poster, Article No. 119  (2012/8).

Photmosphere: A System for Amplifying Connection Between Memory and Record[pdf]
Kazuhiro Tanaka, Shinya Yano, Mitsunori Matsushita
JSAI2012 International Organized Session: Special Session on Web Intelligence & Data Mining, 4M1-IOS-3c-4 (2012/6).

Overview of the VisEx task at NTCIR-9 [pdf]
Tsuneaki Kato, Mitsunori Matsushita, Hideo Joho, and Noriko Kando
Proc. 9th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies: Information Retrieval Question Answering and Cross-Lingual Information Access, SIG-AM-01-03, pp. 14-19 (2011/12).

How Does a User Utilize a Chart-based Interface to Conduct Exploratory Data Analysis? [pdf]
Kazuhiro Tanaka, Daiki Hasui, and Mitsunori Matsushita
Proc. 9th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies: Information Retrieval Question Answering and Cross-Lingual Information Access, pp. 541-546 (2011/12).

Bridging Evaluations: Inspiration from Dialogue System Research [pdf]
Tsuneaki Kato, Mitsunori Matsushita, and Noriko Kando
Proc. SIGIR 2010 Workshop on the Simulation of Interaction: Automated Evaluation of Interactive IR, pp. 3-4 (2010/7).

解説記事

探索的検索―情報へのアプローチの変化
松下 光範
薬学図書館, Vol.60, No.1, pp. 64-70 (2015/1).

「おもしろい」を仕掛ける―笑いの制作実践とその仕掛学的解釈
谷 雅徳, 松下 光範, 白水 菜々重
人工知能学会誌, Vol.28, No.4, pp. 639-645 (2013/7).

用語解説:「コミック工学」
松下光範
知能と情報, Vol., No., pp. – (2013/).

動向情報処理の広がり
加藤恒昭, 松下光範
知能と情報, Vol.18, No.5, pp. 543-548 (2010/10).

動向情報アクセスと可視化
高間康史, 松下光範
知能と情報, Vol.18, No.5, pp. 569-575 (2010/10).

研究会・全国大会等

2016年

大量の効果音に対する効率的検索に向けた一検討
岡本 香帆里, 松下 光範, 山西 良典, 山下 洋一
第8回 ARG Web インテリジェンスとインタラクション研究会, pp. 43-44(2016/6).

複数観点に基づく探索的効果音検索システム:SERVAの開発とユーザ観察[pdf]
岡本 香帆里,山西 良典,松下 光範
第8回データベースと情報マネジメントに関するフォーラム (2016/3).

2015年

探索過程の視覚化によるテキスト集合からの知識獲得支援に関する研究[pdf]
大塚 直也,岡本 香帆里,松下 光範
2015年度人工知能学会全国大会(第29回)論文集, 2E5-NFC-01c-3 (2015/5).

体験学習における学習者の能動的な行動を誘発させる試み[pdf]
安尾 萌,盛山 将広,岡本 香帆里,白水 菜々重,松下 光範
2015年度人工知能学会全国大会(第29回)論文集, 1D5-OS-22b-4in (2015/5).

効果音の探索的検索支援に関する一検討:効果音の音響特徴に基づく類似性の検証[pdf]
岡本 香帆里,山西 良典,松下 光範
第7回データベースと情報マネジメントに関するフォーラム (2015/3).

2014年

探索的情報アクセスの支援に向けたTETDMインターフェースの改良に関する基礎検討[pdf]
井須 弘恵,大塚 直也,松下 光範
第6回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会, SIG-AM-06-07, pp. 40-45 (2014/3).

ECサイトにおける商品探索プロセスに着目したプレゼント探索支援システムの提案[pdf]
盆子原 健太,大塚 直也,松下 光範
第6回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会, SIG-AM-06-06, pp. 34-39 (2014/3).

興味の移ろいを誘発するための横断的な情報アクセスの支援[pdf]
広川 英智,山下 諒,松下 光範
第6回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会, SIG-AM-06-04, pp. 20-25 (2014/3).

留学生を対象としたオノマトペの学習を支援するための電子絵本システムの評価
前田 安里沙,上間 大生, 松下 光範
第76回情報処理学会全国大会 (2014/3).

赤外光源と偏光板を利用した不可視影の生成に関する基礎検討
東納 ひかり,阪口 紗季,松下 光範
インタラクション2014予稿集, pp. 397-400 (2014/3).

Haconiwa: 初学者が電子回路を楽しく学ぶための仕掛け
白水 菜々重,阪口 紗季,東納 ひかり,堀下 小春,島田 さやか
インタラクション2014予稿集, pp. 686-688 (2014/).

2013年

体験情報を外在化するための協創環境のデザイン ~高齢者の土産話を対象として~
月川香奈子,白水菜々重,松下光範
HCGシンポジウム2013論文集, pp. 85-90 (2013/12).

感性を基軸としたコミック工学研究のプラットフォームの提案 ―コミック読者間の意見分析から―
山西良典, 杉原健一郎, 井上林太郎, 松下光範
HCGシンポジウム2013論文集, pp. 85-90 (2013/12).

レビュー文に基づくコミック類似度判定手法の検討
山下諒,松下光範
HCGシンポジウム2013論文集, pp. 217-222 (2013/12).

Alternative Guidebook: 場に対する理解を促すワークショップの実践
白水菜々重,花村周寛,月川香奈子,松下光範
計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 2013 講演論文集, pp. 279-282 (2013/11).

電子玩具制作キット “Haconiwa” を用いたワークショップのデザイン
東納 ひかり,阪口 紗季,堀下 小春,島田 さやか,白水 菜々重
エンタテインメントコンピューティング2013, pp. 359-364 (2013/10).

Evaporation Display: 水の蒸発速度の違いを利用した情報提示システム
堤 修平,園田 知美,松下 光範
エンタテインメントコンピューティング2013, pp. 56-61 (2013/10).

コミック読者の状態遷移に着目したソーシャルリーディングシステム:「コマコミュ」
山西 良典,杉原 健一郎,井上 林太郎,松下 光範
エンタテインメントコンピューティング2013, pp. 310-316 (2013/10).

多波長の赤外光を用いたインタラクティブ・サーフェスのための情報貼付方式に関する研究
濱村 康司,田中 琢磨,松下 光範
平成24年度 情報処理学会関西支部 支部大会 論文集(2013/9).

写真をトリガとした横断的な情報アクセスの支援
広川 英智,田中 和広,松下 光範
平成24年度 情報処理学会関西支部 支部大会 論文集(2013/9).

贈り物選択を対象にした探索的な情報検索行為の支援
宮崎和也, 空中海人, 松下光範
第29回ファジィシステムシンポジウム講演論文集(2013/9).

コミック工学:漫画を計算可能にする試み
松下光範
第29回ファジィシステムシンポジウム講演論文集(2013/9).

Wet Display: 視覚的乾湿感を用いた情報提示システム[download]
束川卓也, 松下光範
第154回情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 研究発表会(2013/8).

情報密集地域における情報識別性の向上を目指した提示手法の検討[download]
藤田一秀, 山本真也, 篠木良, 松下光範
第154回情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 研究発表会(2013/8).

Alternative Guidebook: 場に対する理解を深化させる仕掛け[pdf]
白水菜々重,花村周寛,月川香奈子,松下光範
2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 1I3-OS-11a-2in (2013/6).

オノマトペを入力としたインタラクティブ絵本のための関連語知識ベース構築手法の検討[pdf]
上間大生,蓮井大樹,松下光範
2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 3N1-OS-01a-4 (2013/6).

中国人を対象とした日本語コミックにおけるオノマトペの理解に関する調査[pdf]
陳焔,白水菜々重,松下光範
2013年度人工知能学会全国大会(第27回)論文集, 3N3-OS-01b-7 (2013/6).

コミック工学の可能性[pdf]
松下光範
第2回ARG WEBインテリジェンスとインタラクション研究会, pp. 63-68 (2013/5).

「コマ」への情報付与による電子コミックの感性共有手法の提案と検討
山西良典,杉原健一郎,井上林太郎,松下光範
第2回ARG WEBインテリジェンスとインタラクション研究会, pp. 69-70 (2013/5).

コミックデータ内関係抽出のためのデータフォーマットの提案
水戸拓実,白井涼子,波多野賢治,松下光範
第2回ARG WEBインテリジェンスとインタラクション研究会, pp. 71-72 (2013/5).

オノマトペ体感システムの実現に向けた冷温風提示システムの基礎検討
濱村康司,松下光範
第28回 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会 研究発表会, Vol.2013-EC-28, No. 6, pp. 31-36 (2013/5).

コミックコンテンツにおける登場キャラクター抽出のための基礎検討
谷悠,白水菜々重,松下光範
情報処理学会第75回全国大会講演論文集, 4 分冊, pp. 889-890 (2013/3).

ゼンマイ動力を用いたテーブルトップオブジェクトの基礎検討
堤修平,平田五月,田中琢磨,松下光範
情報処理学会第75回全国大会講演論文集, 4 分冊, pp. 91-92 (2013/3).

馴致環境の未知化を促すためのワークショップデザイン
白水菜々重,松下光範,花村周寛
電子情報通信学会1種研究会ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)研究会 2013年3月研究会, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.455, pp. 29-34. (2013/3).

透影モーション: 異なる波長の赤外光を用いた動的な不可視影の生成
東納ひかり, 阪口紗季, 田中琢磨, 松下光範
インタラクション2013論文集, 3EXB-04, (2013/3).

多重赤外光源と IR コースターによる情報識別の基礎検討
平田五月, 堤修平, 田中琢磨, 松下光範
インタラクション2013論文集, 2EXB-04, (2013/3).

2012年

「その場にいること」に着目した地図型情報共有システムの提案
杉原健一郎,大塚直也,松下光範
第1回 ARG Web インテリジェンスとインタラクション研究会, (2012/12).

思考の精緻化過程に着目したプレゼント選定支援システムの提案[download]
宮崎和也,松下光範
MYCOM2012, (2012/12).

Paradise Scope: 馴致された場所に対する視点を異化するワークショップの実践 [download]
白水菜々重,花村周寛,阪口紗季,平田五月,松下光範
MYCOM2012, (2012/12).

写真をトリガとした時系列情報へのアクセスを支援するシステム[download]
田中和広,松下光範
MYCOM2012, (2012/12).

テキスト分析における試行錯誤の支援に向けて ― TETDMのインタフェースに関する一考察―[download]
大塚直也,松下光範
第2回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会, SIG-AM-02-10, pp. 56-61 (2012/11).

オノマトペを入力手段としたインタラクティブ絵本システムの提案
上間大生, 蓮井大樹, 松下光範
エンタテインメントコンピューティング 2012, D-09 (2012/9).

透影: 異なる波長の赤外光を用いた不可視影の多重化
阪口沙季, 田中琢磨, 松下光範
エンタテインメントコンピューティング 2012, D-29 (2012/9).

イラスト描画技術の習熟支援システムのための基礎検討 –スケッチ描画時における熟練者と初心者の視線情報の分析
広川英智, 松下光範
ファジィシステムシンポジウム2012, TF2-1 (2012/9).

テキストデータマイニングのための統合環境TETDMの公開と活用 [pdf]
砂山渡, 高間康史, 西原 陽子, 徳永秀和, 串間宗夫, 阿部秀尚, 梶並知記, 松下光範, Danushka Bollegala
2012年度人工知能学会全国大会(第26回)論文集, 3K2-NFC-3-9 (2012/6).

文章改善時の気づきを促す仕掛け—就職活動におけるエントリーシート作成を対象として [pdf]
白水菜々重,木津川翔太, 松下光範
2012年度人工知能学会全国大会(第26回)論文集, 1P2-OS-9a-4 (2012/6).

効果線の描画に着目した動的音喩の付与方法[pdf]
寺島亜耶香,上間大生, 松下光範
2012年度人工知能学会全国大会(第26回)論文集, 1M2-OS-8b-3 (2012/6).

複数の時系列データの比較に基づくグラフの言語表現生成手法[pdf]
末吉れいら, 松下光範, 白水菜々重
第1回情報アクセスと可視化マイニング研究会, SIG-AM-01-03, pp. 14-19 (2012/4).

コミックを対象とした質問応答技術のための基礎検討
福田美沙紀, 白水菜々重, 松下光範
人工知能学会第2種研究会 ことば工学研究会資料, SIG-LSE-C003, pp. 57-62 (2012/3).

父子を対象とした家庭内非同期コミュニケーション支援に関する基礎検討[pdf]
加藤千佳 白水菜々重 田中琢磨 松下光範
インタラクション2012論文集, 3EXB-23 (2012/3).

就職活動における内省支援のための予備検討 ―エントリーシートの改善点に対する気づきの観察
木津川翔太, 白水菜々重, 松下光範
電子情報通信学会第2種研究会資料, WI2-2012-8, pp. 31-32 (2012/3).

複数波長の赤外光源を用いた物体認識手法
田中琢磨, 松下光範
情報処理学会第74回全国大会講演論文集, 4 分冊, pp. 365-366 (2012/3).

ヒューマンインタフェース教育の現状調査と分析 [download]
宮田圭介, 加藤直樹, 松下光範, 杉原敏昭
ヒューマンインタフェース学会講演報告集, Vol.14, No.1, pp. 27-32 (2012/3).

2011年

テキストデータマイニングのための統合環境 (TETDM) の試作と公開 [pdf]
砂山渡, 高間康史, 西原 陽子, 徳永秀和, 串間宗夫, 松下光範, Danushka Bollegala, 阿部秀尚, 梶並知記
第7回情報編纂研究会予稿集 (2011/12).

NTCIR-9 VisExの概要 [pdf]
加藤恒昭, 松下光範, 上保秀夫, 神門典子
第7回情報編纂研究会予稿集 (2011/12).

ユーザの探索行為におけるグラフ型インタフェースの役割に関する分析 [pdf]
蓮井大樹, 田中和広, 松下光範
第7回情報編纂研究会予稿集 (2011/12).

時系列データの探索的分析を支援するグラフ型インタフェース
蓮井大樹, 田中和広, 松下光範
電子情報通信学会第2種研究会資料, pp. 35-36 (2011/11).

比較対象に着目したグラフの言語表現の生成
末吉れいら, 田中和広, 白水菜々重, 松下光範
電子情報通信学会第2種研究会資料, pp. 37-38 (2011/11).

物体の動きに着目した人工影生成システム
阪口紗季, 篠木良, 伏尾祐貴, 松下光範
エンタテインメントコンピューティング2011, 06C-06 (2011.10).

TETDM統合環境とツールの開発
砂山渡, 高間康史, 西原陽子, 徳永秀和, 串間宗夫, 松下光範, Danushka Bollegala, 阿部秀尚, 梶並知記
第6回情報編纂研究会予稿集 (2011/10).

入力方法の違いが文章を纏める過程にもたらす影響
宮崎和也, 松下光範
ファジィシステムシンポジウム2011, TE2-3 (2011/9).

VisEx 予備実験報告 [pdf]
加藤恒昭, 松下光範, 上保秀夫
第5回情報編纂研究会予稿集 (2011.7)

ディジタルコミック制作のための動的な音喩表現生成システム [pdf]
松下光範, 今岡夏海
2011年度人工知能学会全国大会(第25回)論文集, 1C1-OS4a-3 (2011/6).

時系列データ分析における試行錯誤を支援するインタフェースの要素検討 [pdf]
田中和広, 蓮井大樹, 松下光範
2011年度人工知能学会全国大会(第25回)論文集, 1B2-NFC3-9 (2011/6).

テキストデータマイニングのための統合環境 [pdf]
砂山渡, 高間康史, Danushka Bollegala, 西原陽子, 徳永秀和, 串間宗夫, 松下光範
2011年度人工知能学会全国大会(第25回)論文集, 1B2-NFC3-10 (2011/6).

ライブストリーミング配信されたイベントがコミュニティ形成に与える影響 [pdf]
白水菜々重, 松下光範
2011年度人工知能学会全国大会(第25回)論文集, 3A1-OS11a-4 (2011.6).

ディジタル写真に着目した「記憶」と「記録」の紐付け方法の検討
田中和広, 松下光範
MYCOM2011 (2011/5).

ライブストリーミング配信されたイベントにおける参加者間のインタラクション分析
白水菜々重, 松下光範
MYCOM2011 (2011/5).

協調的情報トリアージにおけるメンバ間の相補的インタラクションの支援
松下光範
MYCOM2011 (2011/5).

形状認識を用いた動的な影の生成システム
伏尾祐貴, 松下光範
情報処理学会研究報告, Vol.2011, No.20, pp. 1-6 (2011.3).

Hedgehog: 硬さの変わるインタフェース [pdf]
菰池裕美,松下光範
インタラクション2011, 2SCL-9 (2011/3).

多重赤外波長を利用した情報投影手法の提案 [pdf]
大森裕香,田中琢磨, 松下光範
インタラクション2011論文集, 4INH-2 (2011/3).

画像情報とセンサ情報を用いた仮想パペットシステム [pdf]
篠木良,松下光範
インタラクション2011論文集, 4DEX-4 (2011/3).

言語表現による時系列データ検索のための基礎検討
松下光範, 末吉れいら
電子情報通信学会第2種研究会資料 pp. 31-32 (2011.3).

2010年

可視化プラットフォームの実現に向けたグラフ描画セレクタの基礎検討 [pdf]
田中和広, 松下光範
第3回情報編纂研究会予稿集 (2010/11)

「記憶」と「記録」を緩やかに繋ぐメディアの実現に向けて [pdf]
田中和広, 鈴木亨, 松下光範
2010年度人工知能学会全国大会(第24回)論文集, 1G3-OS10-3 (2010/6).

情報トリアージのための協調的情報編纂 [pdf]
松下光範, 天野友美
2010年度人工知能学会全国大会(第24回)論文集, 2J2-NFC2-7 (2010/6).

USTREAM 中継されたカンファレンスに関連した Twitter 発言の分析
白水菜々重, 松下光範
電子情報通信学会第2種研究会資料, WI2-2010-6, pp. 23-24 (2010/3).

非対称な知識を持つ人々の合意形成の支援に向けて
松下光範
ヒューマンインタフェース学会講演報告集, Vol.12, No.1, pp. 49-52 (2010/3).

PHOTMOSPHERE: ディジタル写真を介した記憶想起の支援 [pdf]
田中和広,鈴木亨, 松下光範
インタラクション2010, SA20 (2010/3).

アウェアネス情報の可聴化による遠隔コミュニケーションの支援
竹島俊介, 松下光範
ヒューマンインタフェース学会講演報告集, Vol.13, No.1, pp. 13-18 (2011/3).

2009年

動向情報の情報編纂 ―NTCIR MuST を通じて見えてきたもの― [pdf]
加藤恒昭, 松下光範, 神門典子
2009年度人工知能学会全国大会(第23回)論文集, 3F2-NFC3-1 (2009/6).

動向情報の要約と可視化とその展開 ―MuST(動向情報の要約と可視化に関するワークショップ)活動報告―
加藤恒昭, 松下光範, 神門典子
情報処理学会研究報告, Vol.2009, No.36, pp. 73-79 (2009/3).

異なる知識を持つ人々の合意形成に関する分析 ―選好要因が動的に変化する場合を対象として―
松下光範
電子情報通信学会第2種研究会資料, WI2-2009-22, pp. 97-98 (2009/3).